評判のいいセナリオでマイホームを検討しよう

注文住宅よりも安い

住宅

ローンでも有利になる

浜松で新築一戸建てを購入するなら、注文住宅か分譲住宅かという選択肢があります、予算を抑えたい人や、すでに完成した建物が良いという人は、分譲住宅のほうがおすすめです。分譲住宅のほうが価格が平均して500万円〜800万円程度安いということがメリットの1つとなります。建売住宅という呼び方をする時もありますが、両者はほぼ同じものと考えておいて良いでしょう。すでに浜松で土地を持っている人は、注文住宅のほうがメリットが出る可能性が高くなりますので、よく考えて決めましょう。分譲住宅は基本的に土地とセットとなっていますので、すでに浜松で土地を持っている人は、その上に新しい家を建てたほうがコストや手間を節約できる可能性が高いでしょう。分譲住宅の場合、すでに建物が完成しているので、住宅ローンで「つなぎ融資」を利用する必要がありません。「つなぎ融資」は諸費用がかかりますし、金利も住宅ローンよりもやや高めになっているので、その分の費用が節約できるということも、分譲住宅のメリットです。意外と知られていませんが、浜松で分譲住宅を購入する場合でも、値下げ交渉をすることができます。値下げ交渉をする時には、売り手の立場になって考えてみることが重要です。業者は売れ残りの物件をいつまでも保有して、維持費がかかり続けることを嫌います。6ヶ月程度が経過している物件は売れ残りである傾向があり、交渉をして価格を下げられる可能性はそれなりに高いと言えます。